お葬式

お盆の15日、四ヶ所の墓参りを無事終わり

夕食は息子夫婦と一緒にの予定だった

家で高校野球を見てたら電話

親戚の家から不幸の知らせ

亡くなったのが誰なのか最初は混乱する

まさか先日まで全く元気だった人

息子夫婦との会食をキャンセルしすぐに出かける

集まった人たちも皆信じられない様子

翌日に納棺

昨日お通夜

そして今日お葬式

四日間があっという間に過ぎ去った

自分自身とは直接血縁のない人だが色々と世話になり誰に対してもとても優しい人だった。

命日が令和元年8月15日

忘れられない日になった。

f:id:yamanouta:20190818144036j:plain

「北前船長者丸幕末異聞」読了

先日購入した友人の書いた本を読んだ

f:id:yamanouta:20190816105347j:plain

小説と違って中々一気に読む類いのものではないので

少しずつ時間をかけて読んだ

中身は越中売薬薩摩組に乗った次郎吉が漂流し短期間のハワイ在住中に英語をマスターしその他に捕鯨、造船、兵法まで学びロシアを経由して帰国する。ロシア在住中にはロシア語もマスター。江戸では同じ越中出身の剣豪斎藤弥九郎と繋がりを持つ。中浜万次郎より四年前に海外の情報を伝え幕末に大きく影響を与える

中々歴史の表に出ない話で郷土富山県の人間でもその存在しら知る人が少ない二人。

ぜひ富山県人には知って欲しいという作者の思いが感じられる。

読み終わって本人に最後の4行だけは気に入らないと文句を言ったら「文句は一ヶ所だけで良かった」と軽く受け流された(苦笑)

早起きして稲葉山に

早起きは苦手だが

日中の猛暑を考えると朝の涼しいうちにしか出れない。

5時半過ぎに家をでていつもの小矢部の堤防に

f:id:yamanouta:20190812113543j:plain

まずは宮島峡に

f:id:yamanouta:20190812065121j:plain

f:id:yamanouta:20190812065602j:plain

川の近くはすぐにブヨが襲ってくる一箇所喰われて逃げるように川を離れる

ここから先に進むか稲葉山に向かうか迷ったが思い切って稲葉山

最初の登りですぐに辛くなったがそこを我慢すると後は比較的楽に山頂に着ける

f:id:yamanouta:20190812114301j:plain

f:id:yamanouta:20190812114331j:plain

景色は少し霞んでいるが涼しくて気持ちがいい

f:id:yamanouta:20190812114453j:plain

しばらく休んでいると、1人自転車で上がってきた

自分と反対側のきつい登りから

話してると週に一度はここに来ると言う

色々話をして気持ち良く下っているともう1人上がってくるのとすれ違った。

暑くなる前9時過ぎに帰宅

早起きはつらいがやはり朝は気持ちが良い。

すぐにシャワーを浴びて汗を流した。

今日のコース

f:id:yamanouta:20190812094449j:plain

太郎平をぶらぶら

夏山シーズン真っ盛り

一度は妹を連れて行かねばと

しかし里山を歩くのはこの猛暑では嫌

歩き始めから涼しい高山に

朝5時半に有峰林道の料金所(開くのは6時)に到着するともう白樺ハイツの入り口あたりまで並んでた

f:id:yamanouta:20190810071512j:plain

折立の駐車はいっぱい500m先の初めて臨時駐車場に

f:id:yamanouta:20190810071820j:plain

ここ毎年のように登ってるがその度に遠くなるアラレちゃん

f:id:yamanouta:20190810071938j:plain

三角点まで超ゆっくり登り1時間半

f:id:yamanouta:20190810072101j:plain

三角点を過ぎ一度下って稜線までの登りが大変

f:id:yamanouta:20190810072330j:plain

ミヤマリンドウやキンコウカ、イワショウブなどが咲いている

f:id:yamanouta:20190810072527j:plain

f:id:yamanouta:20190810072607j:plain

五光岩ベンチで休憩

f:id:yamanouta:20190810072714j:plain

4時間ほどで太郎平に到着、日帰り薬師岳ペースより1時間余計にかかっている。元々薬師岳は無理、せめて北ノ俣岳でもと思ってたが、妹とカミさんの疲れ具合を見るとそれも無理そう

しかし太郎平からは薬師岳水晶岳、ワリモ岳、鷲羽、黒部五郎が綺麗

f:id:yamanouta:20190810073233j:plain

f:id:yamanouta:20190810073304j:plain

f:id:yamanouta:20190810073330j:plain

f:id:yamanouta:20190810073359j:plain

f:id:yamanouta:20190810073422j:plain

太郎小屋前でしばらく休憩

f:id:yamanouta:20190810073643j:plain

f:id:yamanouta:20190810073920j:plain

f:id:yamanouta:20190810073952j:plain

そのまま帰るのもちょっともったいないので北ノ俣岳方向に向かう。

太郎山辺りまで登っただけで景色は劇変する

f:id:yamanouta:20190810073845j:plain

登山道を歩いていると突然左側から何かが追越していく

何かと思ったら雷鳥。1mくらいに近づいても逃げない

横には雛鳥も

f:id:yamanouta:20190810074254j:plain

f:id:yamanouta:20190810074323j:plain

北ノ俣岳の登りの手前で終了

素晴らしい景色

f:id:yamanouta:20190810074500j:plain

f:id:yamanouta:20190810074529j:plain

f:id:yamanouta:20190810074559j:plain

花と景色を楽しみながらゆっくり下山した

f:id:yamanouta:20190810074657j:plain

f:id:yamanouta:20190810074730j:plain

f:id:yamanouta:20190810074759j:plain

こんなケルン前から有ったかな?

f:id:yamanouta:20190810074922j:plain

午後5時下山

10時間の山遊び

下界に帰るとまだ30度を超す暑さだった。

イノシシが

家から歩いて五分の場所に昔父母がやってた畑の地面(約360坪)が有る。

父母が亡くなって少しだけ畑をやってみたが面倒でやめ今は放置してる。

それでも年に三回くらいは草刈りをやってた。

ある知人から雑草は放置しておけば優先種だけが残り草刈りも楽になると聞いて放置してた。

夏の始めは白い花の咲く雑草で蕎麦畑のようになってた。

ところが最近イノシシが頻繁に来てるよう

けさ畑を見に行ったら凄い事に

f:id:yamanouta:20190807184419j:plain

知人に聞いたら民家の近くにイノシシは危険だから姿を隠す雑草はすぐに刈った方がいいと言われ

夕方刈ったが広すぎて1/3は残ってしまった。

朝練のつもりが

運動不足の解消に

苦手の早起きをして自転車で出かけた

今月開催のジェントルライドのコースを少し走ってみるかとまず鉢伏山まで

f:id:yamanouta:20190805104125j:plain

気持ち良くダウンヒルをして氷見に向かう

氷見海岸ではラジオ体操をしてる人達が

f:id:yamanouta:20190805104313j:plain

海岸線から山に入り長坂まで登る

f:id:yamanouta:20190805104435j:plain

f:id:yamanouta:20190805104508j:plain

山から海岸線に出た所が多分ジェントルライドの折り返し地点だと思うがまだ時間が早いので県境まで行ってみる

f:id:yamanouta:20190805104748j:plain

県境で戻るつもりだったがその先の庵の道の駅まで行く

f:id:yamanouta:20190805104951j:plain

庵から戻りの海岸の景色

f:id:yamanouta:20190805105053j:plain

県境の仏島の向こうには虻が島

f:id:yamanouta:20190805105157j:plain

松田枝浜海水浴場で休憩

f:id:yamanouta:20190805105329j:plain

今日のコース

f:id:yamanouta:20190805105414j:plain

軽く朝練のつもりが82kmも走ってた。

思った以上のトレーニングになつた(^^)

本日発売の本

f:id:yamanouta:20190730133102j:plain

アマゾンで予約してた本日発売の本が届いた

作者は高校同級生の友人

長い間アメリカで日本食の店をやりながら作家生活を続けてた。今までの作品は世界史の色々な転機の中で暗躍する金の流れの解説が多かったが今回は日本の話

実を言うと歴史物の中の書いてある事実が信じられないので読まないようにしてるのだが今回は本人が是非と勧めるので手に入れた。特に富山県人には読んでもらいたいと言ってる。今までは「菊川征司」なペンネームを使用してたが今回は本名を名乗ってる。この作品にかける意気込みが感じられる。

読書を始めると止まらなくなる性格?なので月に一作品と決めてるのに今月うっかり二作品読んでしまった。

八月に入ってから読もうと思う、まあ、すぐだけど^^;