読書遍歴の始まり

中学二年の頃、元祖(でもないか)教育ママの母が私の勉強の役に立つだろうと集英社から出た世界文学全集を買った。これが思い違いもいいところ。

それまでの読書と言えば偉人の伝記ぐらいしか読んだことがなかったが小説は初めて。

何と最初に読んだのがドストエフスキーの「罪と罰」たちまちハマってしまった。勉強の為と思った母の願いとは裏腹に勉強はそっちのけになってしまった。

勉強してるふりして毎夜読書にふける。

役に立ったと勘違いした母は何と日本文学全集まで買う。益々読書狂いになってしまった。

同時にこの頃から海外の音楽にハマり、所謂ポピュラーソングファンに、エルビスプレスリーが全盛の頃。(大好きなビートルズは少し後)無理を言ってトランジスタラジオを買ってもらい。夜中深夜放送の音楽を聴きながらの読書が続く。

オールナイトニッポンはまだやってなかったが電波の安定しないラジオ大阪をラジオに耳を当てて聴くことも。

当然勉強はほとんどしない、成績は下がるがまま

買って貰った文学全集は全部読んでしまい、飽き足らず本屋通い。

中学が終わり高校に入った頃は生意気にも小説に飽きたと岩波新書漁りになってた。

高校の終わり頃には学生運動が激しくなった頃、マルクスを知り日本文学では所謂プロレタリア文学を次々と。

しかしこの頃1番人生を左右される小説を読んだのはカミューの「異邦人」

日本人では芥川龍之介夏目漱石が最高と思ってたが

野間弘の「真空地帯」と伊藤整の「若き詩人の肖像」を読んだ時は強烈な印象を受けた。 この後ほぼ読書依存性状態になり手当たり次第に読み出し次に読む本がなくなってくると落ち着かないようになってしまった。 今はその依存性状態は脱したが読んだ本の題名も内容も作者名も忘れてしまうただの暇つぶしになっている。

沢山のアクセスに感謝

自分のブログへのアクセス数はやはり気になるので

時折確認してる。

今迄のアクセス数は平均月3000件前後、日に100件ほどだった。結構有るものだと思っていた。

ところが先月はそれが2000件にも届かなかった。

だんだんつまらないから減って行くのかなと思ってた。

考えてみれば自分のブログなんてジジイの自慢話がほとんど、飽きられても当たり前と思った。

ところが今月に入って急変、いきなり日に200件を越す日が、そしてほとんど毎日150件程度のアクセスがある。

今日で今月が終わるが4000件を越した。

どうしたのだろうと思うが、こちらから見えない。

それでも沢山の人がアクセスしてくれるならいい加減なことは書けない。

期せずして先週から自分の昔のことを思い出しながら書き綴っている。

アクセスしてくださる人達に感謝するが、こんな人間だと思っていただき。この後も付き合っていただければ幸い。自慢話ばかりで申し訳ないが。

またくだらない人間だと思われたらそれはそれで仕方がないと思います。

でもスポーツは好きだった。

中学に入って小学校からよくやってた卓球部に入りたかったが当時の志貴野中学は県のトップ校。

しかも同級生はとても敵わないレベル、入っても仕方ないので何となくテニスクラブに入る。

何故かテニスは本当に強くなろうという気がなかったのか一年二年は適当にやってた。大会に出てもいい成績は無く、そんなものかと思ってた。

三年になってもテニスの練習より練習前に下級生を連れて毎日5kmのロードランの方が力が入ってた。

テニスに真剣にならず卓球部に遊びに行ったり、バスケ部にも、陸上部からは呼ばれて大会に出たりもする。

当時の卓球部はもちろん陸上部も県下で圧倒的なトップだったので見てても楽しかった。

このあと大人になってスキーやゴルフもやったがどのスポーツもある程度までは行くが最後に壁が、何が足りないかは分かるがそれが絶対超えることの出来ない厚い壁に見えてた。

野球は小学校で毎日のようにやってたが外野フライを捕るセンスが悪いのと打つ方でも速球に合わせるセンスが無いのが分かってたので中学以降はほぼやらなくなった。

小学校から中学に

小学四年くらいで勉強嫌いになってしまったが(元々好きじゃないけど)それまでの母からの強制的指導のおかげか成績はしばらくそうは下がらなかった。

しかし六年になったらどんどん下がる。

すると担任から呼び出され今度は担任の強制が始まった。毎日家で自習したものを翌日提出せよと。

本当に嫌だったがほぼ半年渋々従った。

中学に入る前にクラス分けの為の試験が有った。

どんな結果だったのかは知らない

中学はベビーブームの世代で大人数、一学年で650人、クラスが11クラス、一クラスに60名くらいで一番前の席は教壇のすぐ前、一番後ろは背中が壁だった。

そんなクラスに何も思わず入って最初の実力テスト、当時はテスト結果が廊下に張り出された。見ると自分の名前が30番くらいに出てた。650人もいるんだからこれはいい成績だと思った。

ところが担任から呼び出し、成績が悪いからとまた小学校と同じ悪夢、毎日自習を提出しなさいと強制。

どうもクラス分けではクラスでトップだったらしい。

しかしもうやる気のない自分は自習をすっぽかしてしまう。

内心うぶな中学一年生は色気ムンムンさせる若い女の教師と放課後同じ部屋にいるのがとにかく嫌だったのが本音。

小学生の頃

小学生の頃の思い出で一番嫌だったこと

好き嫌いが多い極度の偏食のせいで給食時間がとにかく辛かった。

特にパンが不味くて食べられない、ランドセルの中は食べ残してカサカサになったパンがいっぱいになって、それが見つかって叱られるのがしょっちゅう。

それがトラウマになって大人になるまで昼近くになると憂鬱状態になるのが続いた。

その次に嫌だったのが車に乗ること、特にバスが苦手、すぐに車酔いしてしまって遠足で楽しい思い出が無い。

これは大学生になるまで続いたがある日突然に車酔いしなくなった。

まるで虚弱体質のような小学生に見えるが、何故か体は元気だった。運動会では負けたことが無かったし長距離走でも学年で何時も2位だった。今でもほとんど水も飲まず物も食べないで山を歩いたり自転車に乗っても大丈夫なのは子供の頃と同じ

まだ色々思い出してきたが、また思いついたままに書くことにする

大坪町一丁目82番地(現在は存在しない)

私の生まれた町、大坪町一丁目82番地

すぐ隣の町がやよい町

最近face bookでそのやよい町で育って現在は東京で俳優をしてる人がそのお兄さんの事を紹介してた。

それが昭和の子供たち、やよい町15番地の話

f:id:yamanouta:20201126105628p:plain

読んでてその当時の自分の町内のことを色々思い出した。

大坪町一丁目は高岡の中心を少し外れるがそれでもその当時は下町の商店街だった。

僅か100軒ぐらいの町内に魚屋が二軒、染め物屋も二軒、床屋が二軒、下駄屋も二軒、八百屋も二軒、酒屋も二軒、クリーニング屋は一軒、和菓子屋は三軒、パン屋も三軒その他にも金物屋、紙問屋、仕立て屋、電気屋、タバコ屋、病院、美容院、等々、今はそのほとんどがなくなり静かな町になってしまったが当時は子供たちも沢山いて賑やかな町だった。

ウチも塩の販売権(当時は塩は専売公社で許可制)をもってて醤油や味噌その他の調味料や食品を売ってた。

父は教員で母も元教員、私の前に生まれた姉が生まれてすぐに亡くなったせいで母は私の誕生と同時に退職をして店をやってた。元教員の為当時では珍しい教育ママだった、父が病気になってしばらく入院した時は小学校に入る前から色々教えられた。

その後勉強嫌いになったのは早くから勉強ばかりさせられたからだろう。小学校の四年くらいでもうやる気がなくなってしまった。

昔のことは余り思い出したく無かったが、やよい町15番地の話を読んで自分も少し記録しておこうかなかと思い始めた。

今日も裏山散歩

気温は低いが天気がいい

寒いのでフリースを着たまま外に出る

家から1番近い二上山への登山口に

登山口と言っても崖を20mほどよじ登る。

f:id:yamanouta:20201124135915j:plain

上がった所にヌタバが

f:id:yamanouta:20201124140019j:plain

そこから先は快適な登山道

f:id:yamanouta:20201124140117j:plain

2箇所に分岐の看板が有るが設置場所が間違えて反対になってる。随分前からだが誰も気づいていないのかな?

f:id:yamanouta:20201124140252j:plain

f:id:yamanouta:20201124140316j:plain

このボンボンみたいのは何だろう?

f:id:yamanouta:20201124140342j:plain

鐘撞堂に出ると危険で入るなの張り紙が

f:id:yamanouta:20201124140706j:plain

吊り下げ部分の老朽化か

f:id:yamanouta:20201124140811j:plain

万葉ラインから見るずっと続く竹林

f:id:yamanouta:20201124140915j:plain

白馬三山が綺麗

f:id:yamanouta:20201124141005j:plain

剱岳立山

f:id:yamanouta:20201124141039j:plain

二上山山頂から城山に向かう

f:id:yamanouta:20201124141117j:plain

崖崩れで使用禁止になってた東屋が解放されてた

f:id:yamanouta:20201124141227j:plain

崖崩れの下から修繕箇所を確認

f:id:yamanouta:20201124141326j:plain

陸上競技場に下りると道路にドングリがいっぱい

f:id:yamanouta:20201124141437j:plain

f:id:yamanouta:20201124141501j:plain

メタセコイアの紅葉が一段と進んでた。

f:id:yamanouta:20201124141559j:plain