孤高のメス(遙かなる峰)を読んだ

孤高のメス 遥かなる峰 (幻冬舎文庫)

孤高のメス 遥かなる峰 (幻冬舎文庫)

医療関係の小説は何冊か読んでいるが
専門用語が多くなかなか難しいがその中でも人間模様が相混ざってくると面白い
この作家は初めてだと思うが
読んでいて退屈を知らなかった。
前に読んだ小説も現役の医師の書いたものが有ったが(海堂尊など)
この小説の作者も医師
病状とか手術の方法、治療法と流石に詳しい(当たり前のことだが)
脳死の臓器移植や僻地医療の問題も書いており
最近の医学会の諸問題にも鋭い。