夢野久作を続けて読んだ

ドグラ・マグラを読んで次は何をと探してたら
また夢野久作が目についた。
一人の作家で1作しか読まないのではその作家のことが分からないので読んでみた。
「復讐」
短編なのですぐに読み終わったが、同じような内容の小説
このままこの作家を読み続けると、何か夢野久作の怪しい世界に引き込まれてしまいそうな気がするのでこれでやめようと思う。
暇なので前から気になってた読んだことのない田山花袋を探した。
代表作「布団」を読んだ。
感じるものは何もなかったが、はやり1作だけでは分からない。
続けて他の作品も読んでみたい。

それにしても「青空文庫」は便利だ。
昔の作品ならほとんどタダで読める。
ネットでの読書が癖になりそう。
しばらく昔の作品を読んでまた飽きたら現代小説に戻ろう。
家には妹が置いていく未読の文庫本がまた増えてきた。